Silver-tone.comはヴァイオリンの弾き方講座、さいたま市でのヴァイオリン教室、コンサート予定などヴァイオリンに関する情報を発信しています

Silver-tone 藤田将也のヴァイオリン情報サイト|さいたま市の教室案内、弾き方講座など


日記帳

01/06/19   様々なアクシデント&トラブル


今朝、ちょっとしたアクシデントに遭いました。いつものように自転車で細い道を走って いたら、前からおばさんの乗った自転車が2台近づいてきました。僕は右端によけて先頭のおばさんを やりすごしたのですが、2台目のおばさんは前を良く見ていなかったらしく、僕の方に迫ってきました。 僕はギリギリまで壁に寄ってよけようとしたのですが、そのおばさん、よけるどころか「キャー」と悲鳴を発して まっすぐ突っ込んできたのです! きっとパニックになって体が硬直してよけることが出来なかった のでしょう。結局僕だけがよけたので避けきれず、僕の自転車の方がハンドルが低かったのですれ違い際に おばさんの自転車のハンドルが僕の腕をヒットしていきました。おばさん止まって振り返り「大丈夫?」「ええ」 とだけ会話してお互い去りました。どっちが悪いというようなものでもなく、ただのアクシデントということで。

再び走り出しながら腕を見ると多少の出血とともに既に腫れていました。うう痛い。傷はまあそれほど大したこと ないのですが、強く打っているので多少筋肉も痛めたようです。手首や指を動かすとそこの筋肉が痛いし、まだ ちょっと痺れ気味。ま、でもヴァイオリンに影響する大きい怪我でなくて良かったです。今の僕にとっては 足の骨折より手の突き指の方が怖いのです。

しかしさっきから左手の薬指と小指のタイプミスが多いのは気のせいか? 試しに自分の右腕をネックに見立てて フィンガリング。ん? ちょっと動きがおかしい。見なかったことにしましょう(^_^;)。まあ指の筋肉を使うときは 腕の筋肉を使うのでまだ痺れているのでしょう。今夜もおかしかったら一大事ですが(今週末に本番あり)。

実はその他にもさまざまなトラブルがありまして・・・。ここ2週間ほどドタバタ騒ぎになっています。 予定していたピアニストが病気のため演奏できなくなった都合で6/23の演奏者と曲目の大幅変更、 さらに7/14はまだピアニストが決まっていなかったりします。他にもいろんなことが重なって 今朝のおばさんのように(?)パニック状態で練習にも実が入らず。こんな状態で良い演奏が出来るの だろうか? いや、しなければなりませんね! がんばります。(自己解決)

しかし7/14のコンサートが無事に行えるかどうかは依然微妙な状況です。なんとか成功させたいと思っては いるのですが。

日記一覧に戻る

スポンサード リンク
更新情報

(14.09.28)
ライブラリの更新

(12.05.30)
ヴァイオリン教室案内の更新

(12.03.31)
ライブラリの更新


更新情報ページへ

スポンサード リンク