花粉症の薬について解説。アレグラやアレロックなど病院で出される処方薬と薬局で購入できる市販薬との違い、症状に応じた効果的な選び方など。 [花粉症の薬TOP]

花粉症の薬 花粉レポート2016

2016年

( 16/03/28 更新 )今年の花粉はここまで目立った大量飛散はなかったものの、じわじわと継続的に少量〜中量の花粉が飛び続けるといった状態が続いています。軽いピークが長期間続いているという感じでしょうか。それなりに累計の飛散数は消化されてきていると思われるので、今後もあまり急激な大量飛散はそれほど心配ないかもしれません。が、先日うっかり油断してセレスタミンを中断していた所一気に症状がひどくなり、症状が落ち着くまで2錠/日で3日近くかかりました。今年の花粉は大したことないと高をくくってしまったのですが、まだまだ油断は大敵のようです。今後はヒノキも待っておりますのでしばらくはつらい日々が続きそうです。

( 16/03/15 更新 )花粉も時期としてはすでにピークに入っていると思われるのですが、雨や気温の低さなどで今のところ大量飛散というほどには至っておりません。このまま今年は花粉はあまり飛ばないのでは・・・と思いたいところですが先延ばしになっているだけですので残念ながらまだ油断出来ません。本日以降でも気温の高い日には飛散量が増加すると思われます。引き続き気象庁の予報に加え、気温、そして風の強さ(風が強いと飛散量が増えます)を良く読みながらマスクや薬などをうまく使っていきましょう。何度か書いておりますが、花粉症の薬の飲み方のキモは飛散量に合わせて薬の飲み方、種類を変えて症状を平均化することです。

( 16/03/08 更新 )現在までのところ花粉の大量飛散はまだみられておりません。ですが本日は関東地方で20度前後と気温がかなり上昇するとみられ、雨上がりということもあって午後〜夕方にかけて花粉の飛散が増えるかもしれません。また明日3/9(水)以降はまた気温が下がりますが、本日の気温上昇によりスイッチが入ってしまうと気温が低くても飛び続けることもあります。花粉予報や天気予報(気温)、に加え自身の症状の変化を見極めながら上手に乗り切っていきましょう。

( 16/03/01 更新 )本日はここさいたま市でも花粉の飛散が本格化してきました。私自身の症状もそうですが、街中でもくしゃみの音をよく耳にするようになってきています。関東地方はほぼ本格的な花粉症シーズンに入ったと言って良いかもしれません。本日以降急激に気温が上昇するとみられ、明日3/2(水)、明後日3/3(木)と花粉の飛散量も一気に増すものと思われます。特に3/3(木)以降は気温が高い日が続く予報ですので今年の最初のピークとなる可能性が高いです。私は本日よりセレスタミンを飲んでおりますが、皆様もピークに向けての準備、よろしくお願いいたします。

( 16/02/24 更新 )昨日までは花粉の飛散もそれほどでもなく小康状態でしたが、いよいよ本日より花粉の飛散が増える模様です。私の症状も昨日までと比べてかなりきつくなってきました。向こう一週間の気温変化はあまりなさそうなので特定の日に大量飛散という予測は出来ないのですが、累積気温からもそろそろこの小康状態は限界ですので、今後はまとまった量の飛散がしばらく続きそうです。私的にはセレスタミンをどう使っていくか思慮のしどころです。

( 16/02/17 更新 )先週末はかなり気温が上がりましたが心配した花粉の大量飛散はありませんでした。もっとも先延ばしになっただけで量が減ったわけではないので今後も警戒が必要です。次に気温が上がると見られているのが今週の金曜日19日。予想よりも飛散開始が遅れておりますが気温推移からして大量飛散する可能性は前回よりも高いと思われます。十分注意していきましょう。

( 16/02/13 更新 )本日より2日間は急激に気温が上がるとみられ、一時的ではありますが爆発的な飛散となる可能性があります。雨も降りやすいですが風も強くなるとみられ、どう転ぶか予測がつきません。念の為に十分な花粉症対策をしておくことをおすすめします。

( 16/02/09 更新 )鼻づまり、鼻のムズムズ、くしゃみに続いて鼻水も出るようになってきました。目のかゆみはまだ出ておりませんがこれから症状は徐々に重くなると思われますし、周りでも花粉症の症状が出始めております。過敏な方にとってはすでにシーズンインといっても良いかもしれません。これから徐々に飛散量が増えていきピークは3月上旬となる見込みです。インフルエンザも流行っておりますのでそちらの予防も兼ねて花粉症対策にマスク着用などはじめてもよろしいかと思います。

( 16/02/05 更新 )まだ飛散開始の報はありませんが、本日はくしゃみ、鼻づまりが目立って増えたように感じます。まだ目のかゆみ等はありませんが、ここさいたま市でも微量の飛散がはじまっているかもしれません。私はかなり敏感な方なので普通の方はほとんど症状がないかもしれませんし、もしかしたら私の症状もスギ以外の可能性もあります。ですが、スギ花粉の飛散までまもなくというのは間違いないと思いますので、症状の重い方、スギに過敏な方などは医療機関を受診の上、内服をはじめても良い時期かと思います。私もジルテックの服用を続けております。

( 16/02/03 更新 )西日本など早い地域ではそろそろ花粉の飛散がはじまるようです。関東地方でもあと数日といったところでしょうか。予報などには現れておりませんが、すでに微量の花粉は飛んでいると思われスギでの症状も出始めている方もいらっしゃるかと思います。先日も書きましたが、今年の花粉飛散量予測は指標により開きが出ています。気温と降雨量の推移による気象庁の予測はやや少ないとなっておりますが、雄花着花量の実測ではやや多いと出ており、当サイトでは過去の経験から気象庁の予報よりはやや多くなると予測しております。内服薬、マスクなど万全の準備で臨みましょう。

( 16/01/25 更新 )花粉症シーズンまでまもなくとなってきました。シーズンインまで西日本など早い地域であと1〜2週間ですが、その前から微量ながらスギ花粉が飛び始めるため敏感な方はそろそろ花粉を感じるようになるかもしれません。またこの時期はスギ以外の花粉も飛ぶため症状が出る方も増えてきます。私も日によって花粉を感じる、あるいは一日だけややひどい症状が出るなど、シーズン直前の症状が出始めているため、すでにジルテックの服用をはじめました。シーズン始まると病院も混みますので、今月中に行かれることをおすすめします。

( 16/01/14 更新 )今年の花粉飛散量予測ですが、去年と同じく指標によって相反する予測が出ているようです。去年の夏からの気温、降雨量などの推移による予測では先に発表されている通り「例年より少ない」ですが、神奈川県厚木市の現在のスギ雄花の着花量の実測によると例年より多く、それに基づく予測は「例年よりやや多い」となっているようです。昨年は気温推移では「多い」、着花量では「少ない」とちょうど逆ですが相反する予測で結果は「やや少ない」でした。多くの方が目にする気象庁の予測は気温推移が中心なので「やや少ない」となっていますが、昨年の結果を踏まえると予報よりは多くなる可能性もあります。読めない部分も多いですが、油断せず対策していきましょう。

( 16/01/04 更新 )処方薬のページと同じ内容になりますが、最近登場したディレグラにについて。ディレグラはアレグラの主成分フェキソフェナジンに対して鼻づまりを改善する血管収縮剤であるプソイドエフェドリンを追加した配合錠です。鼻水、くしゃみ、鼻づまりを眠気をほとんど出さずに改善出来る良い薬です。ですが大きくて飲みにくい錠剤を一日4錠飲む必要があることと(徐放剤のため割れません)、食前(空腹時)に飲む必要があること(アレグラを含むほとんどの抗アレルギー薬は食後で良い)など、やや使いにくい面もありますので、メリットとデメリットがうまくフィットするかなど先生によく相談されることをおすすめします。

( 16/01/03 更新 )あけましておめでとうございます。年明けとともに花粉症シーズンが近づいてまいりました。すでに今年の花粉予測が出ておりますが、飛散時期は例年よりやや早め、飛散量は全国的には例年より少なめ、東北地方のみやや多めの予報です。昨年比でも全国的には少なめで、東海、四国、九州は多い、となっています。実際にはシーズンに入ってみないとわからないところもありますが、まずは早めの飛散に備えて対策も早めに行っておきましょう。具体的には1月中には内服薬やマスクの準備はしておきたいものです。

花粉対策マスク
花粉対策の基本はやはりマスク。最近ではデザインの良いマスクが出ており、おしゃれマスクなら少し花粉のつらさも和らぐかもしれません。
花粉から目を守る
外出時でも花粉から目をしっかりとガード。ファッション性と実用性を兼ね備えた花粉対策サングラスです。


おすすめ空気清浄機
シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト系 KC-E50W
SHARP
KC-E50-W
加湿と空気清浄を兼ねたパワフルなモデルが人気で、リビング&ダイニングキッチンまでこれ一台でカバー出来ます。

東芝 空気清浄機 (空清16畳まで)ホワイト CAF-R35(W)
TOSHIBA
CAF-R35(W)
シンプルな空気清浄機は私も好きで、東芝のこのシリーズをずっと使い続けております。24時間回しっぱなしで使うのにも最適。


使い捨てコンタクト
装着した上からでも目薬が注せる一日使い捨てタイプのコンタクトレンズです。エルコンは乾きにくく花粉が付着しにくいレンズで、私も10年以上愛用しています。EXCEEDになって装着感が向上しました。