Silver-tone.comはヴァイオリンの弾き方講座、さいたま市でのヴァイオリン教室、コンサート予定などヴァイオリンに関する情報を発信しています

Silver-tone 藤田将也のヴァイオリン情報サイト|さいたま市の教室案内、弾き方講座など



Silver-tone 掲示板



[ TOP ] [ HPへ戻る ] [ 検索 ] [ 管理用 ] [ Now: 1193379 Hits! ]
[ 旧BBS ] [ 旧BBS過去ログ 3,2,1 ]

おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ
URL
画像イメージ参照 
Password


左手指先について  投稿者: ぼり 投稿日:2019年4月13日 15:05:06 [No,474] 
私は6歳からヴァイオリンを始め、現在音大に通う2年生です。
力を入れ過ぎているせいか、左手指先の皮膚が硬くなり過ぎて、弦を押さえる事が出来なくなります。カチカチの皮膚では音が出せないので、極端に指を寝かせるか、皮を剥いて弾くしかありません。しかし、それを繰り返した事で、指先の皮膚が平らになり凹んだような形になってしまいました。
毎日楽器を練習するので皮膚の硬さが治ることはなく、E線の音がかすれたりヴィブラートがかけられなかったり、、爪ヤスリで改善するようなレベルではなく、一体どうすれば良いですか?

周りには深夜でも時間に構わず膨大な量の練習をこなしている人が沢山いますが、指先がカチカチになっていません。
水ぶくれにたまになると言っています。

私は練習量は少ない方です。

なにかアドバイス頂けませんか?ずっと悩んでいます。

Res:左手指先について 投稿者: 藤田将也 投稿日:2019年4月15日 3:53:51 [No,475] 
おそらく練習のしすぎや、力の入れすぎという問題ではなさそうなのでまずは皮膚科を受診することをおすすめします。元々の体質によるものが大きいような気がしますので、体質に合わせた塗り薬を処方してもらい、場合によっては市販のクリームでも体質に合いそうなものをおすすめしてもらうということになるかと思います。

ですのでヴァイオリン的な面からのアドバイスは難しいですが、もしかしたら左手の指の力の入れすぎということも助長している可能性がありますので、音色が変わらない範囲内で指の圧力を減らしていくトレーニングをしてみても良いと思います。無駄な力を抜くことは速いパッセージを弾くためのトレーニングとしても有効です。私がやっている方法ではありませんが、Youtubeで「nathan cole mvp」などで検索すると参考になる動画が出てくると思います。

でもまずは皮膚科を受診しましょう!


開放弦の音ズレについて  投稿者: ハナ 投稿日:2017年7月12日 22:42:12 [No,473] 
はじめまして。最近バイオリンを始めたものです。よろこびのうたを練習中ですが開放弦の音が著しくズレています。高い音になってしまうので弦の張りすぎかと緩めても直りません。不慣れながらも調弦はしているのですが……気温や湿度が原因の場合、落ち着くのを待つしかないのでしょうか?それとも他に原因があるのでしょうか?ご教授いただければ幸いです。


基礎技術の構築について  投稿者: 南極 投稿日:2016年6月21日 3:23:52 [No,469] 
長年習っていますが、未だに基礎技術ができていません。
注意されるのは、左手は移弦、同じポジションでも指を変えるときにビブラートがとまること、押さえる指に力が入っていること、右手は弓の音色が単調で響ないことです。
弾いているのはシャコンヌですが、和音の指変えのときに穴が空いてしまいつながらないことです。師からは、穴ができない指使いを指導されます。問題ばかりですが、基礎訓練と練習法について教えてください。

Res:基礎技術の構築について 投稿者: 藤田将也 投稿日:2016年6月25日 13:24:46 [No,470] 
ていねいなアドバイスを先生から受けているようですね。ですが、良いアドバイスを頂いたからといってすぐに出来るものではありません。それなりの時間を割いて練習してはじめて少し効果が現れるというものです。

ですので、すぐに出来ないことをまたここでアドバイスしても同じではないかと思います。欲張らずに練習、練習、です。
Res:基礎技術の構築について 投稿者: トモコ 投稿日:2017年1月2日 5:37:36 [No,472] [ HP ]
情報ありがとうございます。


本番前の練習について  投稿者: 投稿日:2016年6月18日 18:10:54 [No,467] 
Vn歴15年の大学生です。それなりに人前で弾いてきた経験はありますが、どうも本番への練習の持って行き方がいつもうまくいきません。
先生からは本番前は通して練習するようにと言われるのですが、何回か本番のテンポで通して弾くとすぐに難所の技術が荒れ始めて不安で…結局メトロノームを使った細かい練習に終始してしまいます。そして本番では技術的に簡単な箇所で音程を外すなどまとまりのない演奏になってしまいます。
メンタル的な問題もあるのかもしれませんが、ある程度技術的に難しく長い曲を演奏する場合、本番前数日はどのような配分の練習をすれば良いのでしょうか。音大生というわけでもなく練習時間は3~4時間が限界です。

Res:本番前の練習について 投稿者: 藤田将也 投稿日:2016年6月20日 0:40:54 [No,468] 
本番前の練習ですが、一般論としては通しの練習というのはありますが、程度による部分もありますし、こればかりはどうしたら良いかというのは人による部分が大きいでしょう。私が○○を2時間、○○を1時間みたいなことを具体的に言うのはあまり意味がないと考えます。

その上で私の個人的な意見ですが、通し練習と部分練習の組み合わせというのは悪くないと思います。ただその時の部分練習では、ムキにならないこと、出来ないことを今更出来るようにしようとしない、コンディションを整えるあるいは自らをコントロールするために練習する、というあたりは意識したほうが良いと思います。むしろ、腱鞘炎や指先の神経痛などに気をつけて練習をやや控えめにするくらいでちょうど良いかもしれません。

また、どうしても部分練習は技術的な難所に偏りがちです。ですが聴衆が聴いているのは難しいパッセージの細かい音程よりも、技術的には簡単な、でも曲にとっては重要なテーマのメロディだったりします。例えばメンデルスゾーンの協奏曲なら展開部やカデンツァも大事ですが、冒頭のテーマこそ最後までこだわって練習すべきと思います。

それともう一つ、本番で上手くやるために本番前数日の練習ではなんとか出来るものではなく、直前でどんな練習をしようがそれで結果がそんなに簡単に変わるものではないと考えておくべきかと思います。本番である程度クオリティの落ちる演奏こそが自分の実力と考えれば、少し楽になるのではと思います。


親指が痛い!  投稿者: ブルーグラスやってます 投稿日:2016年5月16日 22:25:12 [No,462] 
弓を持つ右手の親指の第一関節の右側が痛いです。
湿布を貼っていますが、演奏するとまた痛くなります。
たまに、ペンが持てないくらい痛くなります。
他のHPによると、親指の指先の腹の中央が凹むように持つとよいとありましたので、自分の親指を見ると、中央から右側面にかけて、赤くなってました。
きっと、指の側面で弓をささえるような恰好になっているんでしょうが、どうやったら痛くないように持てるかアドバイスが欲しいのです。
また、おなじような場所に痛みを感じた経験のある人がいらっしゃったら、お知らせください。
ちなみに私の知り合いのバイオリン弾きには、そんな悩みを持つ人がいないのでちょっと困っています。

Res:親指が痛い! 投稿者: 藤田将也 投稿日:2016年5月21日 4:20:01 [No,464] 
お返事が遅くなりました。

親指が弓に当たる場所は持ち方によって様々なので、中央でもやや側面でもそれが問題になるとは思えません。おそらくただ単純に親指に力が入りすぎているだけだと思います。

弓を垂直に立てる、あるいは弓を弦に乗せた状態でゆっくりと親指の力を抜いていってみて下さい。そうするとある時点から他の指が今までよりも弓を支えようと力の変化があるかと思います。親指と他の4本とで弓を挟むような持ち方は最も悪い持ち方で、親指は中指と共に下から弓を支えるだけです。

持ち方は流派や教え方によって細かいところは変わってきますので、持ち方がよいかも含めて先生によくお聞きになってみてはいかがでしょうか?
Res:親指が痛い! 投稿者: ブルーグラスやってます 投稿日:2016年5月24日 21:19:58 [No,465] 
藤田先生
お返事ありがとうございました。現在、誰かについて習ってはいませんので、ネットとかで見るくらいしかできません。
少しくらい練習しても痛くなかったのですが、10年くらい前から少しずつ痛くなってきました。
上手になる前に痛くて弾けなくなるのかなと思うとちょっと悲しいですね。
極力、力を入れいように注意しているのですが、どこかでよけいな力が入っているのだと思います。
これからも、先生のサイトやyoutubeなんかを見ながら工夫していきます。アドバイスありがとうございました。


[ 次へ ]  [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]



削除No: Pass:


- ASP Icon nbbs - ver1.1
スポンサード リンク
更新情報

(18.03.04)
ライブラリの更新

(14.09.28)
ライブラリの更新

(12.05.30)
ヴァイオリン教室案内の更新


更新情報ページへ

スポンサード リンク