Silver-tone.comはヴァイオリンの弾き方講座、さいたま市でのヴァイオリン教室、コンサート予定などヴァイオリンに関する情報を発信しています

Silver-tone 藤田将也のヴァイオリン情報サイト|さいたま市の教室案内、弾き方講座など



Silver-tone 掲示板



[ TOP ] [ HPへ戻る ] [ 検索 ] [ 管理用 ] [ Now: 1195943 Hits! ]
[ 旧BBS ] [ 旧BBS過去ログ 3,2,1 ]

おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ
URL
画像イメージ参照 
Password


半年のブランクの大きさに愕然  投稿者: ダンクラ 投稿日:2014年3月5日 16:25:07 [No,358] 
 「新しいバイオリン教本」の3巻・4巻にある、ダンクラのエアバリエop89の1・2・3を上手とはいかなくともまがりなりに弾けていたのに、仕事が多忙のためなどで、約半年、バイオリンに触れないで時が経過しました。やっと最近、弾いてみると、半年前は、弾けたのに、何とも指がもたつく、ボーイング思い通りにいかずにがっかり、ゆっくり弾いて勘を取り戻せば良いのでしょうが、何か、いらいらがつのります。こんなに衰えているなんてがっかりという感じでした。指導を仰ぐのも恥ずかしいのですが、一歩一歩進むしかないのでしょうね。短期に元の勘を取り戻すには、何かいい方法はあるでしょうか?質問と言うより、愚痴っぽいですが、ブランクの大きなに愕然としています。

Res:半年のブランクの大きさに 投稿者: 藤田将也 投稿日:2014年3月8日 2:09:07 [No,359] 
久しぶりに楽器に触ると、自分の衰えに驚くか、耳自体も衰えていて意外と弾けると思うかなど様々ですが、私の経験上はお休みした期間よりずっと短い時間で戻ると思うのであまりご心配なさらなくても大丈夫だと思います。

持論ですが、その時に発揮できる演奏力は積み上げた技術とコンディションを足したものだと思っております。積み上げたものは多少お休みしても変わりませんが、コンディションは練習量やお休みの期間に大きく影響します。特に左手はコンディションの影響が大きいように思います。

ですのでコンディションが戻るまではそれなりに練習が必要ですが、半年のブランクであれば1ヶ月も弾いていたらほぼ元の状態に戻っていると思います。もしそれでも上手くいかない場合は力でねじ伏せたり、練習が筋トレのようになってしまっている可能性がありますので、ごく簡単なリラックスして弾ける曲やエチュードを、右手、左手、の一つ一つの動きや無駄な力を確認しながら復習すると良いと思います。いきなり難しい曲を弾くのは逆効果かもしれません。
Res:半年のブランクの大きさに 投稿者: ダンクラ 投稿日:2014年3月8日 16:44:34 [No,360] 
ご返信ありがとうございました。まず、少しホッといたしました。女子スキーのワールドカップの録画の中で、外国のママさんジャンパーについて、「やはり出産・育児の期間のブランクを取り戻すのにはたいへんでしょう。」とアナウンサーが聞くと、解説者は「ジャンプという競技も、身体が覚えていてくれますから、勘は、わりとすぐに取り戻せます。」と言っていたことも思いだしました。”演奏力は積み上げた技術とコンディションを足したもの”という考え方、なるほどを思いました。焦らず、一歩一歩確認しながら、前進します。背中を押していただいてありがとうございました。頑張ります。


右手の人差し指  投稿者: 一指 投稿日:2014年2月3日 0:38:12 [No,356] 
弓を返す時、指弓の時、人差し指が立ってしまいます。
右手の自然な人差し指の動きについて教えてください。
巨匠でそのように弾く方もいますが、一般論で教えてください。

Res:右手の人差し指 投稿者: まさぐちる(管理人) 投稿日:2014年2月5日 9:00:01 [No,357] 
お返事遅くなりました。

ボウイングはいろいろなスタイルがあり、一般論というのは難しいかと思います。ですので私の個人的な見解になります。

右手の人差し指ですが、立ってしまうというのが弓との接点から先であれば、突っ張っていない限りは問題ないと思います。むしろそうすることでダウンボウでは手首や指の自然なしなりを邪魔しません。

私としては人差し指は弓に巻きつけず、突っ張らずに弓の上に自然に置くようにしています。同じような持ち方をしている方も多くいらっしゃるかと思いますが、巻きつけるようにして積極的に弓を人差し指でコントロールしている方もいらっしゃいます。

自分が良いなと思う演奏家を参考にしてみてはいかがでしょうか?


ハイポジションを弾くときの親指の位置について質問です。  投稿者: タビオ 投稿日:2013年12月21日 2:24:49 [No,354] 
続けてお世話になります。
6ポジション以上の高いポジションを弾く時に親指が楽器のネックから楽器本体の左側に移動しないと私の手は届きません。
親指が楽器本体からネックにすばやく戻るコツがありますか?
ハイポジションのオクターブで親指がネックに戻るとなんとか音程が合います、、。ハイポジションのオクターブでは指板の下まで押さえなくても大丈夫な気がします。
関係ないですが、HPの「友達ー今は奥様ーの楽器と2ショット」がとても好きです。

Res:ハイポジションを弾くとき 投稿者: まさぐちる(管理人) 投稿日:2013年12月26日 12:59:46 [No,355] 
すみません、忙しくてなかなか書けませんでした。

e線の1stポジションで3の指を軽く弦に触れ、そのまま出来るだけ軽くスムーズにハイポジションの指板の端までスライドし、再び下に戻るというのをした時に、親指がどこかで引っかかったり止まったりすることなく、シームレスにするすると滑るように心がけると良い感じがつかめるかなと思います。どこかに固定しないようにするのがヒントだと思います。

写真はちょっとお恥ずかしい限りです(笑)。


1指と4指の普通のオクターブの練習について  投稿者: タビオ 投稿日:2013年12月15日 6:29:01 [No,350] 
長年、楽器を弾いていますが1&4指で弾く普通のオクターブの音程が合いません。とくに4ポジション以上、8ポジションなどになるとむつかしいです。
フィンガードオクターブではない普通の1&4指のオクターブの効果的な練習方法のヒントがありましたら、助言をお願いします!

Res:1指と4指の普通のオクタ 投稿者: まさぐちる(管理人) 投稿日:2013年12月17日 2:38:43 [No,352] 
オクターブは難しいですね。

教則本などに良く載っている練習方法としては、

1-4のフレームを作ったまま下の弦だけあるいは上の弦だけ鳴らしてスケールを弾いて音程を確かめ(1指のみでのスケールと4指のみのスケールをオクターブの手の形のまま行う)、最後に両方鳴らして音程を取る方法、

オクターブの手の形のまま、ダウンボウで1-4とスラーで弾き、アップは両方鳴らし、でスケールを上がっていく、

などの練習があります。が、私の経験上、オクターブの音程のシビアさからして上記の練習だけで上手くいくかというと・・なかなか難しいかもしれません。

オクターブのフレームの形、特にポジションが上がっていくときにだんだん狭くなるその匙加減というか、高いポジションでの土地勘といいますか、そういったものが感じやすいように指の圧力を減らしてリラックスして練習してみることが良いかもしれません。ガッチリ手の形を固めようとするとかえって指の止まる位置がその時の引っかかり具合などに左右されやすいです。

オクターブは難しいですから、理屈ではない経験も必要ですね。なんていうとアドバイスでなくなってしまいますが・・。
指先の痛み 投稿者: タビオ 投稿日:2013年12月18日 7:11:15 [No,353] 
忙しい中をわかりやすい説明をありがとうございます。
オクターブの練習をしていたら、普段あまり使わないせいか1指4指ともに弦の跡がついて痛くなりました。指先の痛みには、どのような対処方法がありますか?


V弓で4弦を使う和音の弾き方  投稿者: アコルデ 投稿日:2013年12月14日 7:23:14 [No,348] 
いつも楽しく拝見しています。
4弦全てを使ってV上げ弓で弾く和音の弾き方ですが、2音づつ分けて(G線D線とA線E線)弾くのですが、G、D線を弾いた後でA,E線に上手く弓が移弦できません。
下げ弓でG。D線からA,E線に移弦する和音を弾く時は上手く行きますが、上げ弓(弓の先)から和音を弾く時のコツを教えてください。
習っている先生にはお腹を叩くようなイメージ、腕ごと落とさないと注意されます。
よろしくお願いします

Res:弓先から4弦を使う和音の弾 投稿者: アコルデ 投稿日:2013年12月14日 7:28:38 [No,349] 
追伸:和音は弓先から弓元に向かって1弓で弾きます。ジャジャ〜ンみたいな感じです。
最初のジャがG、D線で後半のジャ〜ンがA,E線ですが、後半の2本の弦の弾き方についてです。。わかりにくい説明で申し訳ないです。
Res:V弓で4弦を使う和音の弾 投稿者: まさぐちる(管理人) 投稿日:2013年12月17日 2:27:06 [No,351] 
すみません、忙しくてお返事が遅くなりました。

アップボウでの和音ですが、その先生の説明はなかなか的を射ていると思います。お腹を叩くようにというのを私の言葉で言い換えると、手前に引くように、でしょうか。

アップの和音が難しいのは、最初に鳴らすGとDが弓圧を必要とするのに弓先であるということ、弓先から勢い良くパワーを出すのが難しいこと、AとEを最後まで鳴らすのが難しいこと、というのがあります。

AとEをうまく鳴らすには、GとDを弾いたあとにAとEに移弦するのではなく、最初からAとEを弾くつもりでいてその前にGとDを引っ掛ける、というイメージが良いと思います。練習方法としてはまずAとEの和音でダウンとアップのボウイングを繰り返し、時々アップでGとDを引っ掛けて和音を鳴らし、慣れてきたらダウンはAとE、アップはGD〜AEの和音、を繰り返す、などです。

弓先から楽にパワーを出すには、腕を左前に押すのではなく、左手前に引くようにします。これも直接今のお悩みに関係ないかもしれませんが、非常に重要です。

いろいろ試してみてください!


[ 前へ ]  [ 次へ ]  [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]



削除No: Pass:


- ASP Icon nbbs - ver1.1
スポンサード リンク
更新情報

(18.03.04)
ライブラリの更新

(14.09.28)
ライブラリの更新

(12.05.30)
ヴァイオリン教室案内の更新


更新情報ページへ

スポンサード リンク