Silver-tone.comはヴァイオリンの弾き方講座、さいたま市でのヴァイオリン教室、コンサート予定などヴァイオリンに関する情報を発信しています

Silver-tone 藤田将也のヴァイオリン情報サイト|さいたま市の教室案内、弾き方講座など



Silver-tone 掲示板



[ TOP ] [ HPへ戻る ] [ 検索 ] [ 管理用 ] [ Now: 1171300 Hits! ]
[ 旧BBS ] [ 旧BBS過去ログ 3,2,1 ]

おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ
URL
画像イメージ参照 
Password


肩当てについて  投稿者: なぜ? 投稿日:2014年10月31日 22:00:34 [No,384] 
いつもりあがとうございます。
肩当てについての質問です。
ボン ムジカ、ウルフセコンド、ビバ ラ ムジカ(ダイヤモンドモデル)、マッハワンの先生の個人的な感想を教えてください。
いろいろ使っていてだんだんわからなくなりましたー😓

Res:肩当てについて 投稿者: なぜ? 投稿日:2014年10月31日 22:39:44 [No,385] 
追伸
ブログの肩当て記事は読んでいます。
ボン ムジカを使用されていたらreviewをお願いします。
Res:肩当てについて 投稿者: 藤田将也 投稿日:2014年11月3日 15:51:26 [No,386] 
肩当てですが、BonMusica、VivaLaMusica、MachOneは使ったことがあります。

BonMusicaは安定感があり、肩にかかるカーブのお陰で楽器の位置が決まりやすく好きな肩当てです。上手く使えれば疲労も少なく体にも優しいです。デメリットは重さがあるために楽器の音が落ち着く方向=ややミュートがかかって鳴りが悪くなるというところです。また楽器を胸骨側に乗せるようせず肩で挟みに行くとカーブ部分が肩の筋肉を圧迫してかえって疲れやすくなります。

VivaLaMusicaは15年以上前にシンプルな形状のものを使っておりましたが、金具の角度が固定されていて楽器に合わせづらく、また脚ゴムが固くて滑りやすくあまり好きではありませんでした。ちなみに脚ゴムが劣化するとつるつるになり滑りやすさが増幅します。しかもKUNのようにゴムだけ換えられません。脚はKUNやMachOneとネジのピッチが異なるため互換性がありません。

MachOneは登場時(1999年くらい)に数年使い、脚が滑りやすかったのでKUNの3/4サイズ用脚に交換しておりました。現在はHookというモデルを使用しております。軽量なので楽器の鳴りが非常に良く、音も明るくなります。形も体に合えば実に使い心地が良いです。ただ、構えを変えたりそもそも体に合わないと形状が融通が利かないため、合う合わないの個人差が大きいです。今も初期型も持っていますが、若干Hookの方が好きなくらいで、どちらでも私には合っているようです。
Res:肩当てについて 投稿者: 藤田将也 投稿日:2014年11月3日 15:54:17 [No,387] 
先に書いているとおり、KunとMachOneは脚の入れ換え可能です。

Wolfは使ったことがありません。。。
Res:肩当てについて 投稿者: なぜ? 投稿日:2014年11月4日 7:04:14 [No,388] 
詳しい説明をありがとうございました。肩当てがずれたり、ガクンとはずれたりすることがありましたが、肩当ては胸骨側で支えるというのがとても良いヒントになりました。
Hookも足を付け替えてためしてみようと思います。
肩当てコレクターにならずに練習します。^_^


弓のバウンド  投稿者: おけい 投稿日:2014年10月19日 10:13:12 [No,379] 
先日は有難うございました。本当に平行な弓、持ち方、みなさん悩みは同じなのですね。

特にダウンの時やアップとダウンの入れ替え時に、弓がバウンドします。力を入れている気はないのですが。
うまく手首を使えていないからなのでしょうか?

また弓の張りも極端に強くしているわけではありません。
原因のアドバイスをお願いいたします。

Res:弓のバウンド 投稿者: 藤田将也 投稿日:2014年10月23日 13:22:27 [No,381] 
ダウンボウ、あるいはダウンへの返しで弓が跳ねることはよくあります。

弓を返すときに変に指や手首を意図的に使おうとするとむしろ弓を乱して跳ねの原因になります。むしろ返すときには何も起きないように何もせずに返す方が良いと思います。

手首や指は生徒の状態によって動かせとも動かすなとも言います。なので見ないとわからないというところもありますが、まずは無駄な動きをなくす方向で試してみてはいかがでしょうか。

静かにダウンを弾いても跳ねるときもありますよね。腕はどんなに丁寧に弾いても揺れたり震えたりします。それが極力弓に伝わらないように弓を軽く持って弾く、あるいは気にすることがかえって助長することもあるので、あまり気にしないということも大切です。
Res:弓のバウンド 投稿者: おけい 投稿日:2014年10月23日 16:30:02 [No,383] 
有難うございました。気にしだすと余計ひどくなる。
軽くを心がけながら弾いてみます。


先生の注意の途中で弾く癖、、  投稿者: なぜ? 投稿日:2014年10月23日 5:33:33 [No,380] 
いつもありgとうございます。
ちょくせつ演奏とは関係がないかもしれませんが、私はレッスン中に先生の注意が途中なのに弾き出す癖があります。
たとえばここはritしてくださいと注意されると、はい、とすぐに弾き出しますが、先生の注意はまだ続いていました。
こういう感じで、というのがありました。
これは一例です。
こういういう生徒がいた場合、先生はどのように対処しますか?
改善したいのです。

Res:先生の注意の途中で弾く癖 投稿者: 藤田将也 投稿日:2014年10月23日 13:28:29 [No,382] 
先生のお悩み相談みたいですね(笑)。私の対処法をお伝えしても、先生がそうしてくれないと解決にならなさそうですが。。。

ヴァイオリンというよりコミュニケーションの問題だと思うので、私なら勝手に弾き始めても止めて、説明が終わったら、どうぞ、というだけですし、生徒さんの立場としては先生がどうぞ弾いてくださいという雰囲気を出すまで待つことでしょうか。

直接お話をしてみるのも良いと思いますよ!


カール フレッシュの練習方法について  投稿者: なぜ? 投稿日:2014年10月9日 7:50:02 [No,375] 
続けての質問失礼します!
音階教本のフレッシュを練習するときに、指使いやスラーは書かれたものでしないと意味がないですか?
また#,bが5つ以上ついた調も練習しますか?
フレッシュの練習方法一般についてアドバイスお願いします。

Res:カール フレッシュの練習 投稿者: 藤田将也 投稿日:2014年10月12日 0:59:59 [No,377] 
カール・フレッシュの指使いはともかく、スラーやリズムはあくまで調をまたがっていろいろな例を紹介しているので、あのまま弾くのではなく自分で組み合わせて使います。

まずは1から始まるC-durのスケールを一通り練習し、同じリズムやスラーのまま他の調を勉強していくのが良いと思います。リズムやスラーはそれが課題となった時に参考にすると良いと思います。
Res:カール フレッシュの練習 投稿者: 藤田将也 投稿日:2014年10月12日 1:02:57 [No,378] 
調号が多いものをまんべんなく練習する必要があるかと言われると必ずしもそうでないと思いますが、そういった調号の曲に取り組むときにスケールもそれに合わせるというのは良いですね。マーラーのシンフォニーとかシャープ6個とか当たり前のように出てきますから・・。ただ必須とまでは私は思いません。


お礼と質問ー弓をまっすぐに弾きためにはどこを見れば良いか?  投稿者: なぜ? 投稿日:2014年10月8日 6:43:20 [No,374] 
先生、アドヴァイスをありがとうございました。
掲示板という限りの中で丁寧にわかりやすく教えていただき感謝です。
また質問ですが、基本中の基本の弓をまっすぐにに動かすときに
弾いているときは、どこをみると平行かどうかチェックできるでしょうか?
自分が弾いているときに平行と思っていても鏡を見ると斜めなことがあります。
自分が平行とわかるには弓のどこをどのようにみればわかるでしょうか?
弦に直角というのも、90度の見え方が弾いている時、構えているときはよくわかりません。
よろしくお願いします。
弓の持ち方はずれなくなりましたー😄

Res:お礼と質問ー弓をまっすぐ 投稿者: 藤田将也 投稿日:2014年10月12日 0:55:56 [No,376] 
弓の平行=弦との直角のことですが、鏡を見る以外に直接見て視覚的にチェックするのは無理だと思っています。

では鏡以外に方法がないかというと、わざと弓を斜めにして、例えば弓元を手前に引いた状態でダウンボウで弾くと弓の毛の弦とのサウンディングポイント(接触点)が指板の方に流れていきます。アップだと逆に駒に寄ります。これをわかっているとサウンディングポイントの流れ方を見ていれば弓が直角かどうかはわかります。

それ以外にもサウンディングポイントを見ることは、音色の変化やE線ハイポジションで弾くフォルテの駒への追い込みなど、上級者になればなるほど大切だと思っております。


[ 前へ ]  [ 次へ ]  [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]



削除No: Pass:


- ASP Icon nbbs - ver1.1
スポンサード リンク
更新情報

(14.09.28)
ライブラリの更新

(12.05.30)
ヴァイオリン教室案内の更新

(12.03.31)
ライブラリの更新


更新情報ページへ

スポンサード リンク