Silver-tone.comはヴァイオリンの弾き方講座、さいたま市でのヴァイオリン教室、コンサート予定などヴァイオリンに関する情報を発信しています

Silver-tone 藤田将也のヴァイオリン情報サイト|さいたま市の教室案内、弾き方講座など


私の弦(2001年8月9日)

弦は今までいろいろ試してきたのですが、ようやく自分の楽器と好みに合った弦を見つけることが できました。
my strings
(E線:ゴールドブラカット0.27、A線:インフェルト(赤)、
D線:エヴァピラツィ、 G線:エヴァピラツィ)
 
E線 ゴールドブラカット0.27
ゴールドブラカット0.27は音に張りがあって輝きのある音です。音量も十分で 一番のお気に入りです。2nd Bestとしてインフェルト(赤)も気に入っています。 音量控えめだけど音色がとにかく綺麗。その他にはオイドクサ、ゴールド(ピラストロ)、 ゴールデンスパイラル、インフェルト(青)、ゴールドブラカット0.26なども試しましたが、 どれもあまりパッとしませんでした。

A線 インフェルト(赤)
インフェルト(赤)は弾いているとそれほど良い音とは思わないのですが、実際に お客さんに伝わる音はとても綺麗で、また弾きやすいので気に入っています。ドミナントよりも つけた直後のジャリジャリ感が少なくなっています。音色の美しさや ピアニッシモの表現力はオリーヴオブリガートの方が上ですが、楽器のウルフの関係 からかハイポジションでひっくりかえる寸前のような音になってしまいます。特に E線とA線とのハイポジでの3度(CとEとか)はどうやっても和音になりません。なので A線に関してはあまり選択の余地がありません。

D線 エヴァ・ピラツィ
ピラストロのエヴァピラツィはとてもよく鳴り、音色の深みと芯のしっかり感を兼ね備えて いて、インフェルトドミナントオブリガートのいいとこ取りをしたような弦です。 今使っている楽器だと音色としっかり感は申し分なく、やや鳴りすぎかなというところです。 D線はオブリガートでも鳴り、しっかり感ともに不足はありませんがなんとなく好みでエヴァピラツィを 選んでいます。以前使っていたオリーブも良い音していました。自分の楽器はD線が非常によく鳴る のでどの弦をつけても良い感じなのですが、D線の鳴りが弱い楽器にこそエヴァピラツィはマッチ するかもしれません。

G線 エヴァ・ピラツィ
G線もエヴァピラツィですが、こちらはようやく楽器に合う弦をみつけたという感じです。 以前はオリーブオブリガートを使っていたのですが、どちらも音色の深みは良く、鳴りもそこそこ あるものの、芯の弱さが気になっていました。しっかり感がなくぼやけたような音になっていたのです。 インフェルトドミナントを試してもみましたが、しっかり感こそ出るものの今度は音色の深みが なく薄っぺらい音になってしまいました。そうしてなかなか良い弦がないものかと思っていたところ 新製品でエヴァピラツィが発売され、試してみたらまさに待ち望んでいた弦だったのです。 音色の深み、鳴り、しっかり感の全てを兼ね備えていて値段以外(結構高い)文句のつけどころ がありませんでした。オブリガートインフェルトに比べて楽器を選ぶ弦のようですが、 私の楽器のように当たればとても良い結果が得られるようです。

「私の楽器」に戻る

スポンサード リンク
更新情報

(14.09.28)
ライブラリの更新

(12.05.30)
ヴァイオリン教室案内の更新

(12.03.31)
ライブラリの更新


更新情報ページへ

スポンサード リンク