Silver-tone.comはヴァイオリンの弾き方講座、さいたま市でのヴァイオリン教室、コンサート予定などヴァイオリンに関する情報を発信しています

Silver-tone 藤田将也のヴァイオリン情報サイト|さいたま市の教室案内、弾き方講座など


私の弦(2001年12月20日)

E線 ヒル(Thick)
最近本番で良く使っているのがヒル(Thick)です。ヒルは力強く輝きのある音で、 E線が弱くなりがちな私の楽器にはThickという強いタイプがぴったりでした。パワーがあって、 特にフォルテのときの音の伸びと懐の深さはとても素晴らしいと思います。ただ、私の楽器、 あるいはThickテンションに限った話かもしれませんが、開放弦でない音でも音がひっくり返りやすい ということがありました。ただそれもいつもというわけでなく、張り替えた弦やその日のコンディションに よって出たり出なかったりなのですが。。。それさえなければとてもよい弦だと思います。 ちなみに、先日ピラストロからE線の新製品No.1というのが出たといううわさを聞き、早速 弦楽器のエフストリングスにて標準ゲージ(Mittel)と 強いタイプ(Sterk)を注文しておきました。ひっくりかえりにくくかつどんな弦と組み合わせても バランスが取れるという夢のような(?)弦らしいので届き次第すぐにでも試してみようかと思っています。

A線 ロイヤルオークファイバー(Mittle)
以前A線はドミナント以外は合わなかったのですが、楽器に細かい調整を加えたせいか(かどうかはわかりませんが)、 ドミナント以外でもそれほど相性が悪くなくなりました。今張っているロイヤルオークファイバーはとても上質な音で、 倍音が豊かなのに荒さがなくてとても気に入っています。A線というのは表現力がとても重要だと思うのですが、 この弦は弾き手が思うとおりにいろいろな音色やニュアンスを創りだせるので、弾いていてとても気分が良いです。 ちなみに他に最近試した中では、明るくパワフルであるのにとても上質な音色のエヴァピラッツィが良かったです。 ロイヤルオークファイバーとエヴァピラッツィ、どっちを張るか悩むところです(^_^;)。でもどっちかといわれたら・・・、 エヴァピラッツィかな・・。
D線 ロイヤルオークファイバー(Mittel)
楽器自体がどんなD線でも良く響くので、このロイヤルオークファイバーは全く不満ありません。 エヴァピラッツィに比べるとおとなしい感じはありますが、新品の状態がエヴァピラッツィよりも長く保たれている 感じがするので、賞味期限が結構長いかもしれません。他の弦と比べると、まろやかさと味わいのあるオブリガートも 良いですし、自分の楽器がこんなに響くんだとびっくりさせられたエヴァピラッツィはもっと良かったです。 今のところはロイヤルオークファイバーとエヴァピラッツィの2択になってます。
G線 ロイヤルオークファイバー(Mittel)
私の楽器のG線は他の弦に比べて弱くかつ神経質なため、合う弦というのが非常に限られていました。 ロイヤルオークファイバーはそんなにテンションの高い弦でないので弾きやすく音が出しやすいのですが、 それでいて輪郭がはっきりしているのでぼやけた感じがあまり出ないのです。響きも深く、とても良い音です。 ちなみにライバルのエヴァピラッツィに比べるとパワーと明瞭さの点で劣りますが、音が出しやすくて弾きやすい というのは大きなメリットです。これもまたエヴァピラッツィと悩みますね(^_^;)。ちなみにオブリガートは、 深い音色が良いけれどぼやけたしまりのないあいまいな音になってしまい、自分の楽器には合いませんでした。 ヴィオリーノもほぼ同じです。ドミナントはしっかり感とパワーは良いのですが、神経質すぎて音がひっくり返るのと 音色に他のナイロン弦のような深みがありませんでした。以前使ったヘリコアヘビーが良かったというのはたまたまその弦が 当たり(?)だっただけのようで、後で買った同じヘリコアヘビーに張り替えたら普通の弦でした(^_^;)。

「私の楽器」に戻る

スポンサード リンク
更新情報

(14.09.28)
ライブラリの更新

(12.05.30)
ヴァイオリン教室案内の更新

(12.03.31)
ライブラリの更新


更新情報ページへ

スポンサード リンク