花粉症の薬について解説。アレグラやアレロックなど病院で出される処方薬と薬局で購入できる市販薬との違い、症状に応じた効果的な選び方など。 [花粉症の薬TOP]

花粉症の薬 〜処方薬と市販薬

花粉症は、花粉などのアレルギー原因物質によって体内に出てきたヒスタミンという物質によって、 神経や血管などが刺激されるアレルギー反応です。具体的な症状としてはくしゃみ、鼻水、目のかゆみ、倦怠感、微熱、皮膚のかゆみ、 のどの痛みなどがあります。

花粉症の薬はヒスタミンの発生を抑えたり、発生したヒスタミンの働きを抑える、あるいは直接炎症を抑えるなどして症状を緩和しますが、一口に花粉症の薬といっても、病院で処方される薬と薬局で売られている鼻炎薬などには大きな違いがあります。

このサイトでは処方薬のアレグラやアレロック、市販の鼻炎カプセル、これらの違いや使い分け方などについて採り上げ、花粉症の症状に対して効果的な薬の飲み方選び方について解説します。また、薬以外の花粉対策や、花粉症の薬ランキング、シーズン中随時更新の花粉レポートなども紹介します。

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬はヒスタミンの発生と放出を抑えることにより症状を軽くし、また症状が出始めるのを遅らせる効果があります。それほど強力な薬ではありませんが、副作用の少ない薬が多くほぼシーズン中は飲み続けることが出来ますし、症状の軽い方であれば抗アレルギー薬のみでも症状が軽くなることが十分期待できます。

→ 抗アレルギー薬

抗ヒスタミン薬

古くからある薬で、病院で処方されるポララミンなどの他、市販の薬に多く含まれています。 ヒスタミンの働きに直接的に作用するため、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどがひどいとき、花粉の飛散の多い日などに即効的な効果が期待できます。また、すでに出てしまった症状に対しても効果があり、抗アレルギー薬に比べて明らかな症状の改善を体感出来ます。

→ 抗ヒスタミン薬

ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)

ステロイドとは、本来人体の副腎皮質で分泌されているホルモンを人工的に作り出した薬剤で(正確にはステロイド剤)、ヒスタミンによって引き起こされた鼻の粘膜の炎症、目の結膜の炎症を鎮めます。また免疫系など組織の反応性を低下させる作用を示し、アレルギー反応も抑える働きをします。効果は非常に強力で、花粉症だけでなく多くの疾患での最後の切り札的な存在です。

→ ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)

処方薬<処方薬と市販薬>

病院にかかったときに出される処方薬、代表的なものとして内服薬では抗アレルギー薬(第二世代抗ヒスタミン薬)のアレジオン、アレグラ、アレロック、ジルテックなど、ステロイド剤のセレスタミン、点眼薬ではインタールやリボスチンなどが処方されます。市販薬に比べ、副作用の軽減された新薬が積極的に用いられています。

→ 処方薬<処方薬と市販薬>

市販薬<処方薬と市販薬>

町の薬局で購入できる市販薬のうち、花粉症用あるいは鼻炎用として売られている薬はほぼどれも抗ヒスタミン薬です。眠気が強いという副作用があるものの、即効性が高いため、出先で急に症状がきつくなったときなどは非常に重宝します。最近は処方薬の一部(パブロン鼻炎カプセルZ、ハイガード、アルガードシールドなど)がスイッチOTCとして市販薬に登場しています。

→ 市販薬<処方薬と市販薬>

薬の分類と効果一覧表

花粉症の薬を内服薬、点鼻薬、点眼薬にわけ、それぞれの薬の特徴について表にまとめてあります。薬の即効性や持続時間、副作用、症状に対する効果などの項目別にまとめましたが、どの薬がどのような効果と副作用を持っているかなどについて知っておくことは、花粉症に対して上手に薬の使い分けるための助けになると思います。一般的な情報だけでなく、私が実際に使ってみた印象なども多少盛り込んであります。

→ 花粉症の薬の分類と効果一覧表

薬以外の花粉対策

このサイトでは主に花粉症の薬について述べていますが、完全に薬に頼り切るのでなく、薬以外の花粉対策を併用することは花粉症の症状をやわらげるだけでなく薬の量を減らすことにもつながります。簡単に出来ることもありますので、薬以外の対策もはじめてみてはいかがでしょうか。

→ 薬以外の花粉対策

最新花粉レポート(17/02/17 更新)

事情によりしばらく更新が出来ずにいるうちに、花粉の飛散がすでに始まっているようです。自身も含め個々数日症状が出始めております。ビラノアですが、わりとしっかりとした効き目を感じます。ただし空腹時での服用でないと効果が半減することと(一度食事後にうっかり飲んでしまい、効き目が弱くなったことを実感しました)、体感的にですが一日一回の服用のタイプとしては効果がやや短めのようです。ですので、夜中やモーニングアタックが特にひどいという方でない限りは朝あるいは午前中の服用が良いように思います。

※セレスタミンやフルメトロン点眼など効果の強い薬はなるべく短期間の使用が望ましいため、お住まいの地域の花粉予報なども参考にしながらピークに合わせての使用をおすすめします。花粉のシーズン中の症状をなるべく平均化するよう、飛散量の増減に合わせて薬を上手く活用しましょう。

→ 花粉レポート

<花粉症の薬 通信販売>医薬品の通信販売が省令により大幅に規制されておりましたが、一部を除き解禁されました。処方薬が市販薬として認可されるスイッチOTCに関しては一定期間は規制の対象とのことですが、花粉症の薬は新薬が多く、規制の対象になるような最近スイッチされたものも多いです。スイッチOTCに関しても規制が解除されることを期待しております。

通信販売で購入可能な花粉症の薬
 

パブロン鼻炎カプセルS

アルガード クリアブロック

アレジオン10

花粉レポート2017 花粉レポート2016 花粉レポート2015 花粉レポート2014 花粉レポート2013 花粉レポート2012 花粉レポート2011 花粉レポート2010 花粉レポート2009 花粉レポート2008 花粉レポート2007 花粉レポート2006 花粉レポート2005 花粉レポート2004

花粉症の薬 ランキング

花粉症の薬について、処方薬と市販薬、内服薬と点眼薬、などにわけて投票形式のランキングコーナーを作成しました。よろしかったらご参加下さい。なお、新薬とジェネリック薬が別々にランクされるケースが多かったため、投票の多かったものは新薬名(ジェネリック名)の形で一つにまとめております。ご協力いただけると助かります。

→ 処方薬ランキング(内服)
  → 処方薬ランキング(点眼)
  → 市販薬ランキング(内服)
  → 市販薬ランキング(点眼)
  → 花粉対策ランキング

花粉対策マスク
花粉対策の基本はやはりマスク。最近ではデザインの良いマスクが出ており、おしゃれマスクなら少し花粉のつらさも和らぐかもしれません。
花粉から目を守る
外出時でも花粉から目をしっかりとガード。ファッション性と実用性を兼ね備えた花粉対策サングラスです。


おすすめ空気清浄機
シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト系 KC-E50W
SHARP
KC-E50-W
加湿と空気清浄を兼ねたパワフルなモデルが人気で、リビング&ダイニングキッチンまでこれ一台でカバー出来ます。

東芝 空気清浄機 (空清16畳まで)ホワイト CAF-R35(W)
TOSHIBA
CAF-R35(W)
シンプルな空気清浄機は私も好きで、東芝のこのシリーズをずっと使い続けております。24時間回しっぱなしで使うのにも最適。


使い捨てコンタクト
装着した上からでも目薬が注せる一日使い捨てタイプのコンタクトレンズです。エルコンは乾きにくく花粉が付着しにくいレンズで、私も10年以上愛用しています。EXCEEDになって装着感が向上しました。