花粉症の薬について解説。アレグラやアレロックなど病院で出される処方薬と薬局で購入できる市販薬との違い、症状に応じた効果的な選び方など。 [花粉症の薬TOP]

花粉症の薬 分類と効果一覧表

ここでは花粉症の薬を内服薬、点鼻薬、点眼薬(目薬)にわけ、それぞれの薬の特徴について表にまとめてあります。 薬の即効性や持続時間、副作用、花粉によるアレルギー反応のうちどういった症状に効果があるか、などについて知っておくことは、 花粉症に対して上手に薬の使い分けるための助けになると思います。 一般的な情報だけでなく、私が実際に使ってみた印象なども多少盛り込んであります。参考にしていただければ幸いです。

それとこれは個人的な意見なのですが、市販の点鼻薬で血管収縮剤が配合されていない製品がもう少し増えても良いのではと思います。 前項の<花粉症の薬 市販薬>にも書きましたが、 市販の多くの点鼻薬は連用による副作用の出やすい血管収縮剤が配合されており、花粉症シーズンを通して使い続けるのには向きません。

内服薬

分類成分即効性持続時間鼻水、くしゃみ鼻づまり目のかゆみ予防的効果副作用代表例
第一世代抗ヒスタミン薬マレイン酸クロルフェニラミン等○(約30分)半日××強い眠気、口の渇き(処方薬)
ポララミン

(市販薬)
鼻炎カプセルなどほとんどの市販薬
第二世代抗ヒスタミン薬塩酸エピナスチン、メキタジン、塩酸セチリジン等△(約30分だが効き目は弱い)半日〜1日ほとんどない(処方薬)
アレグラ、クラリチン

(市販薬)
アレグラFX
△(約30分だが効き目は弱い)半日〜1日軽い眠気(処方薬)
アレジオン、アゼプチン、エバステル、タリオン、ジルテック、ゼスラン、アレロック

(市販薬)
アレジオン10アルガード鼻炎内服薬ZII
×(数日)半日〜1日やや強めの眠気(処方薬)
ザジテン、レミカット(ダレン)、セルテクト

(市販薬)
パブロン鼻炎カプセルZ、ザジテンAL鼻炎カプセル
副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)+抗ヒスタミン薬の配合剤(右の両方の作用を併せ持っています)ベタメタゾン×(1〜2日)3日×いらいら感、不眠、吹き出物など。長期服用により、感染症、胃潰瘍、副腎抑制、骨粗鬆症、抑鬱など(処方薬)
セレスタミン

(市販薬)
なし
マレイン酸クロルフェニラミン○(約30分)半日××強い眠気、口の渇き

※ セレスタミンの服用は長くても2週間以内に抑えた方が良いようです

点鼻薬

分類成分即効性鼻水、くしゃみ鼻づまり予防的効果副作用代表例
抗アレルギー薬クロモグリク酸ナトリウム、アンレキサノクス等×(数日)なし(処方薬)
ノスラン、インタール、ソルファ
抗ヒスタミン薬フマル酸ケトチフェン、塩酸レボカバスチン等ほとんどない(処方薬)
ザジテン、リボスチン

(市販薬)
パブロン点鼻Z、ザジテンAL点鼻スプレー
血管収縮剤硝酸ナファゾリン、テトラヒドロゾリン等××長期使用により効き目が悪くなり、中止するとリバウンドで症状が悪化する(処方薬)
プリビナ、ナベール

(市販薬)
市販の点鼻薬のほとんどに含まれている
副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)フルニソリド、プロピオン酸フルチカゾン等×鼻血、鼻中隔穿孔(鼻中隔の方向に噴霧しないこと)(処方薬)
シナクリン、フルナーゼ

※ 市販の点鼻薬の多くが抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬を含んでいるもののほとんどが血管収縮剤も含んでおり、連用が出来ないのであえて表に入れておりませんが、スイッチOTCで登場したパブロン点鼻Zは、血管収縮剤を含まない純粋な第二世代抗ヒスタミン点鼻薬ですので、花粉症シーズンに渡っての使用が可能でおすすめです。

点眼薬(目薬)

分類成分即効性炎症、かゆみ予防的効果副作用代表例
抗アレルギー薬クロモグリク酸ナトリウム等×(数日)なし(処方薬)
インタール(クロモフェロン)、ペミラストン、アイビナール

(市販薬)
アルガード クリアブロックAGアイズ
抗ヒスタミン薬フマル酸ケトチフェン、塩酸レボカバスチンほとんどない(処方薬)
ザジテン、リボスチン

(市販薬)
ザジテンAL点眼薬、アイリスアレスト
マレイン酸クロルフェニラミン◎(ただし効果も短期間)×長期連用により眼圧の上昇が起こる場合あり(処方薬)
なし

(市販薬)
アルガードアイリスAGクール
副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)フルオロメトロン、リン酸ベタメタゾンナトリウム等×長期連用により眼圧上昇、感染症、角膜穿孔等(処方薬)
フルメトロン、リンデロン(効果および副作用の度合いはフルメトロン0.02が一番弱く、フルメトロン0.1、リンデロンの順で強くなる)

(市販薬)
なし

※ 点鼻に比べると市販薬の副作用(血管収縮剤)が小さいようなので、一時的なかゆみや炎症を抑えるのに、市販の点眼薬(目薬)を積極的に用いるというのも有用のようです。

次のページでは、マスクやサングラスなど薬以外の花粉症対策について触れます。

花粉対策マスク
花粉対策の基本はやはりマスク。最近ではデザインの良いマスクが出ており、おしゃれマスクなら少し花粉のつらさも和らぐかもしれません。
花粉から目を守る
外出時でも花粉から目をしっかりとガード。ファッション性と実用性を兼ね備えた花粉対策サングラスです。


おすすめ空気清浄機
シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト系 KC-E50W
SHARP
KC-E50-W
加湿と空気清浄を兼ねたパワフルなモデルが人気で、リビング&ダイニングキッチンまでこれ一台でカバー出来ます。

東芝 空気清浄機 (空清16畳まで)ホワイト CAF-R35(W)
TOSHIBA
CAF-R35(W)
シンプルな空気清浄機は私も好きで、東芝のこのシリーズをずっと使い続けております。24時間回しっぱなしで使うのにも最適。


使い捨てコンタクト
装着した上からでも目薬が注せる一日使い捨てタイプのコンタクトレンズです。エルコンは乾きにくく花粉が付着しにくいレンズで、私も10年以上愛用しています。EXCEEDになって装着感が向上しました。