花粉症の薬について解説。アレグラやアレロックなど病院で出される処方薬と薬局で購入できる市販薬との違い、症状に応じた効果的な選び方など。 [花粉症の薬TOP]
+

花粉症の薬 花粉レポート 〜2004

2004年

( 04/03/03 更新 )先日から使い始めている点鼻薬のシナクリンですが、良く効きますね。 ただかなり噴霧したときに鼻がツンとします。ちなみに点鼻薬はなるべく真上に向かって噴霧して、鼻中隔という 左右の鼻を仕切っている部分に向けないようにした方が良いそうです。鼻中隔に向けて噴霧していると、そこがただれたり して鼻血の原因になったりするとか・・。ここ数日は花粉が少なくて良いですね(^_^;)。

( 04/02/27 更新 )今年も花粉の季節がやってまいりました。今年は花粉の飛散量が少ないということだったので、 2月初めからゼスランを飲み始め、1週間遅れくらいでインタールの点眼をはじめました。それほど症状もひどく ならずこのまま乗り切れるかと思ったのですが、2月の最終週から症状がひどくなり始め、新たに点眼のフルメトロンと 点鼻のシナクリンを処方してもらいました。どちらもステロイド系ですがシナクリンは初めてなので、少ししたら効果の程を また書きたいと思います。

2003年

( 03/10/03 更新 )なんだか最近妙にくしゃみが出ると思ったら、秋の花粉症のようです。いままで秋は大丈夫だったのに・・(ToT)。 秋はブタクサやイネ、その他雑草類による花粉症が起きるそうですが、スギやヒノキにくらべると花粉の量が少ないのと、 花粉の飛散範囲が狭いため、春のようなひどい症状にはならないそうです。現在アレグラを飲んでいますが、ピタリと症状が おさまっています。春のひどい時期はアレグラではほとんど効き目がありませんでしたけど、秋の花粉症には十分効いてくれている みたいです。

( 03/04/11 更新 )杉だけに反応するほとんどの方は大分治まってきてる時期ですが、私はヒノキなどにも反応するのでまだまだ 大変です。先日薬をタリオンからゼスランに代えました。効きは前と同じか少し良い感じですが、眠気もタリオンと同程度に出ます (上では出ないと書いていますが、やっぱり出てます・・)。それとひどいとき用にセレスタミン(ステロイドと抗ヒスタミンの配合剤) をもらい、昨日飲みました。飲んで半日くらいですが、徐々に症状が治まってきています。 かなり強力な薬でここ2〜3日は症状が和らぎそうですが、あまり連用しない方が良い薬なので、ひどい時や大事なイベントがあるとき (コンサートなど。本日も先生のコンサートを聴きに行きます)以外は飲まないようにしないといけないですね。

( 03/03/07 更新 )結構ひどくなってきました。タリオンは良く効いていますが、それでもひどいときは市販の抗ヒスタミン錠剤 アルガード鼻炎クールチュアブルSをなめます。目薬はもはやインタールはほとんど効かないのでフルメトロン0.02のみを 使っています(1日2〜3回)。目薬にもセレスタミンみたいなステロイドと抗ヒスタミンの配合剤でないかな・・(^_^;)。

( 03/02/20 更新 )2003年も本格的に花粉が始まりました。このページは2001年に書いたものですが、2002年には抗アレルギー薬の 飲み薬をアレグラからタリオンに代えました。タリオンは眠気も出ませんし、私にはアレグラよりも効きが大分良いみたいです。 もっとも、眠気自体は薬よりもアレルギー症状そのものによるものが大きくて、毎日がだるく眠いです・・・(^_^;)。 点眼はインタールとフルメトロン0.02のままです。ひどくなってきたら即効性のあるアルガード クールSでも買いますか・・・。

2001年

私の花粉症ですが症状はわりとひどい方で、しかもスギ、ヒノキの両方に反応するので 期間が長いです。薬は一月半ば過ぎから抗アレルギー薬のアレジオン(内服薬)、インタール(点眼薬)、 ノスラン(点鼻薬)を始めました。目のかゆみもかなり出る方なので、花粉が多い時には市販の抗ヒスタミン系の 目薬「アイリスプラス」、「アルガード クールS」などを併用していますが、非常に良く効きますね。かゆみが 長引きそうな時は病院でもらったステロイド剤のフルメトロン0.02を使います。飲み薬の抗ヒスタミン薬は眠気を嫌って出来るだけ 飲まないようにしています。

抗アレルギー薬ですが、アレジオンがあまり効いていないようなのでアゼプチンという薬に変えた ところ副作用で強烈な眠気に襲われました。そこでアレグラという新薬を試してみることにしました。 副作用の少ない薬だそうですが、今晩から飲み始めるのでどうなりますか・・・。

(続き・・)アレグラを服用して数日立ちますが、副作用は気になりません。もっとも効果も気にならないのですが(笑)。 私の場合症状がひどいほうなので抗アレルギー薬だけでは症状を抑えきれないようです。それと点眼薬の フルメトロンですが、注すと目が重くなります(眼圧の上昇?)ので、出来るだけ頼らないようにしようかと 思っています。

最後に

花粉症の薬について簡単にまとめてみました。やはり自分の飲む薬がどういうものであるかは 知っておきたいものですね。知った上で使っていれば、目がかゆくなってからインタールをドバドバ注して 全然効果が感じられなかったり、花粉症の薬は早めに飲むものとばかりに市販の鼻炎カプセルを 1〜2週間前から飲み始めたり、なんていう間違いもなくなると思います。花粉症の皆さん、がんばって この季節を乗り切っていきましょう!

花粉対策マスク
花粉対策の基本はやはりマスク。最近ではデザインの良いマスクが出ており、おしゃれマスクなら少し花粉のつらさも和らぐかもしれません。
花粉から目を守る
外出時でも花粉から目をしっかりとガード。ファッション性と実用性を兼ね備えた花粉対策サングラスです。


おすすめ空気清浄機
シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト系 KC-E50W
SHARP
KC-E50-W
加湿と空気清浄を兼ねたパワフルなモデルが人気で、リビング&ダイニングキッチンまでこれ一台でカバー出来ます。

東芝 空気清浄機 (空清16畳まで)ホワイト CAF-R35(W)
TOSHIBA
CAF-R35(W)
シンプルな空気清浄機は私も好きで、東芝のこのシリーズをずっと使い続けております。24時間回しっぱなしで使うのにも最適。


使い捨てコンタクト
装着した上からでも目薬が注せる一日使い捨てタイプのコンタクトレンズです。エルコンは乾きにくく花粉が付着しにくいレンズで、私も10年以上愛用しています。EXCEEDになって装着感が向上しました。