花粉症の薬について解説。アレグラやアレロックなど病院で出される処方薬と薬局で購入できる市販薬との違い、症状に応じた効果的な選び方など。 [花粉症の薬TOP]

花粉症の薬 薬以外の花粉症対策

花粉症対策で出来ることは薬を飲むことだけではありません。普段行っている生活をそのまま続けられるという面では薬が一番ですが、 面倒がらずに生活を少し工夫することで花粉症の症状を軽減することが出来ます。花粉に触れない、吸い込まないようにすることが大切です。

マスク

これは有名なので多くの方が実行していることと思います。最近は良いマスクが増えてきましたね。特にユニチャームの「超立体マスク」は、花粉をしっかりガードしながら口や鼻の回りに空間があって息苦しくならない優れものでした。あまりのヒットぶりに、去年の花粉症シーズンの半ば過ぎから品切れ続出で、いろいろな薬局やスーパーを廻っても手に入れられないほどでしたが、デザインは普通のままで息苦しさやメガネの曇りを防ぐものが登場したこともあり、最近では再び普通のデザインのマスクを使う方が増えています。どうせ使う物ですので、早めにまとめ買いしておく方が賢いかもしれません。

その後、機能性だけでなく色やデザインにこだわったマスクも登場し、ファッションアイテムとしても使えるおしゃれなマスクとして女性を中心に人気を博しているようです。

なお最近ではインフルエンザ対策などでウイルス用のマスクをお持ちの方も多いかと思います。 基本的にウイルス用のマスクは花粉にも使用できるとお考えください。花粉の方が粒子が大きいですので、 やや息苦しいという以外は特に問題ありません。 インフルエンザ用に買ったウイルス用のマスクの余りを是非、花粉症シーズンにもお役立て下さい。

さまざまな花粉対応マスク
 

立体マスクα

3層プリーツフェイスマスク

マカロンフェイスマスク

メガネ

花粉症のつらい症状として眼のかゆみと充血がありますが、普通のメガネをかけるだけでも眼の中に入る 花粉の量が数分の1になるそうです。もちろんメガネの形状によっては効果が薄いとはおもいますが、 普段コンタクトの方がこの時期だけはメガネにするだけでかなりの効果があると思います。 ちなみに花粉を防ぐ効果の高い、「花粉症専用メガネ(サングラス)」というものもあるようですので、ちょっとご紹介。

花粉症用サングラス

スポーツタイプ

おしゃれタイプ

洗顔

意外と効果があるのが洗顔です。外から帰ってきたらまず洗顔。これだけでも顔の周りの花粉を落とすことが 出来るので、特に目のかゆみ対策におすすめです。なお「アイボン」などの洗眼液も効果がありますが、 目の中と目の周囲を同じ洗眼液で洗ってしまうため、事前に十分洗顔して目の周りを清潔にしておく必要が あります。間違っても洗顔せずにアイボンを使ってはいけません。

玄関前で花粉をはらう

これも簡単なので是非実践したいですね。 外から帰ってきたら、玄関前で頭〜上着〜ズボン&スカートを軽く手ではたきましょう。 家の中に花粉を持ち込まないようにするのが大切です。なお、外で軽くはたいても残ってしまう 花粉を飛び散らせないためのスプレーというものも出ています。はたいた後、玄関の中で 軽く上着等にスプレーしてあげると良いです。私も使っています。

花粉対策スプレー類(いろいろあるんですね・・)

定番の衣服にスプレー

顔にスプレーするタイプ

マスクの効果UP

窓をあけない

これは家の中に花粉を入れない手段として基本です。窓を閉め切るというのはあまりしたくないことではありますが、 花粉症になってしまったらそんなことも言っていられません。花粉症シーズンは暖かくなって窓をあけたくなる気候ですが、 じっと我慢です。花粉症でない方は家に花粉症の方がいても平気で窓をあけてしまったりしますが、どうか気を遣ってあげてください。 本当につらいんですから・・。

洗濯物&布団は外に干さない

これも基本なんですが、なかなか花粉症でない方には受け入れてもらえないことが多いですね。花粉的には雨の日なら全然洗濯物や布団を 外に干してもらってかまわないのですが、まあそんな人はいませんしね。どうしても干したいという場合には、取り込む前によく はたく必要があります。そうでないとアレルゲンを自ら身につけることになりますから・・・。衣類に関してはこの時期だけ 乾燥機を使うようにするのも手です。

コンタクトを使うならワンデータイプ

視力が悪いとメガネでは十分な視力が得られない場合がありますし、あまりメガネになじめずどうしてもコンタクトにしたい という場合があるかと思います。私なども車の運転などではどうしてもコンタクトをすることになってしまうのですが、 そういうときはワンデータイプ(1日使い捨て)のコンタクトがおすすめです。ハードはともかくソフトは花粉用の点眼薬(目薬)が使用出来ないですし、 洗ってもコンタクトに花粉が残ってしまう場合があります。家にいるときはメガネで外出するときはワンデーコンタクト、という使い方も 良いと思います。

空気清浄機

部屋の中の空気をきれいにする空気清浄機は普段それほど使えると思っていないものですが、花粉シーズンには絶大な力を 発揮します。昔の空気清浄機は高い割に効果がないというような怪しいものが多かったですが、最近のものは低価格で 10〜20分で部屋の空気中にあるほとんどの花粉を吸収してしまいます。私も愛用しております。 家に花粉症の方がいるけれどどうしても窓をあけたいという場合など、花粉症の方が出かけた時に窓をあけて、 閉めてたら空気清浄機をON、という風にすれば部屋に花粉を残さずに換気が出来ます。花粉症のご主人をお持ちの 主婦の方などにおすすめです。少し前までは低価格で小型のものが人気でしたが、花粉対策用としては加湿機能付きが有効ということもあり、最近の大きめの間取りに合わせたやや大型の高級タイプが売れ筋です。

おすすめの空気清浄機
【PM2.5対応】SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 ホワイト系 KC-B50-W
SHARP 加湿付き KC-B50-W
TOSHIBA uLos(ウルオス) スタンダード空気清浄機 CAF-P35(W)(ホワイト)

東芝 CAF-P35(W)

次のページでは、今年の花粉飛散状況、花粉症の薬に関するニュースなどについて日記形式で触れます。

花粉対策マスク
花粉対策の基本はやはりマスク。最近ではデザインの良いマスクが出ており、おしゃれマスクなら少し花粉のつらさも和らぐかもしれません。
花粉から目を守る
外出時でも花粉から目をしっかりとガード。ファッション性と実用性を兼ね備えた花粉対策サングラスです。


おすすめ空気清浄機
シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 ホワイト系 KC-E50W
SHARP
KC-E50-W
加湿と空気清浄を兼ねたパワフルなモデルが人気で、リビング&ダイニングキッチンまでこれ一台でカバー出来ます。

東芝 空気清浄機 (空清16畳まで)ホワイト CAF-R35(W)
TOSHIBA
CAF-R35(W)
シンプルな空気清浄機は私も好きで、東芝のこのシリーズをずっと使い続けております。24時間回しっぱなしで使うのにも最適。


使い捨てコンタクト
装着した上からでも目薬が注せる一日使い捨てタイプのコンタクトレンズです。エルコンは乾きにくく花粉が付着しにくいレンズで、私も10年以上愛用しています。EXCEEDになって装着感が向上しました。